ショクダイオオコンニャク【Amorphophallus titanum】

Category : おもしろい植物
ショクダイオオコンニャク

7年に一度の二日だけ開花する
強烈な悪臭を放つ世界最大の花


この珍しい植物見たさに、
かちわり氷を片手に
去年の猛暑の中のなか、数時間待ちを耐えました

マイ格言、
目的があれば、健康であれば暑さ寒さも耐えられる!

しかし、
がんばったわりに
ショクダイオオコンニャクの半端な開花写真です。
2010年7月24日 16:30に撮影

最大に開花したのは前日のようでした。

ショクダイオオコンニャク【Amorphophallus titanum】

サトイモ科コンニャク属
別名  :スマトラオオコンニャク
英名  :Titan Arum 
原産地 :インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林
草丈  : 
花径  :世界最大の花として有名花の形
開花時期:7年に一度夏くらい

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

小石川植物園の詳しいレポート→こちら
鹿児島指宿市フラワーパークかごしまのショクダイオオコンニャクの開花→こちら

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

インドネシアの切手にもなっています。→こちら

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ジグザグの木【Decarya madagascariensis】

Category : おもしろい植物
Decarya madagascariensis
Decarya madagascariensis
ちょっとした最近の楽しみは
お店の隅に置かれたジグザグの木を
こっそり観察することです。

原産地のマダガスカルでは、
薄い黄色の花を葉の付け根にたくさん咲かせるそうです。

ジグザグの木の花を是非ともみたいのです。

どなたか写真をもっていたらみせてください。
お願いします。


科名:ディディエレア科 Didiereaceae
属名:デカリア科 Decarya
学名:デカリア・マダガスカリエンシス Decarya madagascariensis

原産地:マダガスカル(乾性林に自生)
   
一番の特徴は、枝がジグザグです。
小さな葉と刺のある茎を
ジグザグと左右に角度を変えながら成長していきます。
葉は小さいです。

ここまでは一般家庭でもみれます。

成長すると、高さ数mの潅木になります。
薄い黄色の花を葉の付け根にたくさん咲かせる、
ってネットで調べたらこの写真この写真しか探せませんでした。

ここまで日本で成長したジグザグがあるのだろうか?
あったら見にいきたい!!!!!



学名の属名にあたるDecaryaは植物学者Raymond Decaryにちなんで名づけられました。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブログ村 バラ園芸
検索フォーム
Calendrier
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

zono

Author:zono
園芸店に務めています。
バラと山野草が好きです。

園芸教室もはじめました。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3092位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
333位
アクセスランキングを見る>>
Bienvenue