スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドイヴ‘Wildeve’~鉢でゴージャス大輪バラPRWeekなのだ~

Category : イングリッシュローズ
Wild eve

イングリッシュ・ローズのワイルド・イヴです。
NHK 趣味の園芸 2011年 11月号の表紙に使われたバラです。

NHK 趣味の園芸 2011年 11月号 [雑誌]NHK 趣味の園芸 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/21)
不明

商品詳細を見る

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +  + + +

初心者向きで、強権で育てやすく、花つきがよいです。
ピンク色のつぼみから、アプリコットの花色になります。
小型樹形なので、鉢植えにもむいていますが、
庭にうえるなら、シュラブ樹形で、横に広がる樹形を活かして
地面を覆うグランドカバーにもおすすめです。

他にイングリッシュローズで小型には、
ミス・アリスやシスター・エリザベスなどが
花付きもよく、四季咲き性が優れているのでお勧めです。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +  + + + 
ワイルドイヴ‘Wildeve’

作出:David Austin 2003年
開期 :返り咲き
樹高、幅、樹形:1.2×1.4m、シュラブ(半横張り性) 
花色 :アプリコットピンク
花径 :8~10cm
花形 :ロゼット咲き
耐病性:○ 
香り :中香(ティの香り) 

交配親:Golden Celebration×未発表
 
Wild eve

このバラのワイルド・イヴという名前は、
Thomas Hardy(トマス・ハーディ)の1878年の小説「The Return of the Native(邦題:帰郷)」に
登場するDamon Wildeve(デイモン・ワイルドイヴからつけられています。

小説の舞台は、イギリスのエグドン・ヒースという荒涼とした不毛の原野です。
そのエグドン・ヒースという土地で繰り広げられる6人の悲劇が描かれています。
その6人のなかのひとりがワイルドイヴです。

The Return of the NativeThe Return of the Native
()
不明

商品詳細を見る

といっても、ワイルドイヴは脇役です。

しかし、デビッド・オースチン氏も主役の名前でなく、
ワイルドイヴとバラの名前につけたくらいなので、
ワイルドイヴは、小説では脇役ですが、人気があるらしく、
人気俳優のクライヴ・オーウェンがワイルドイヴ役で
キャサリン・ゼタ=ジョーンズと共演したテレビドラマもあります。

Return of the Native [VHS] [Import]Return of the Native [VHS] [Import]
(1999/01/12)
Catherine Zeta-Jones、Clive Owen 他

商品詳細を見る

このドラマも原作以上に過激らしいですが、
小説自体は発表当時では過激すぎて、社会的には批判が多かったようです。

1927年、およそ半世紀後に、小説に感銘を受けたグスターヴ・ホルストが
この小説の舞台となったエグドン・ヒースをタイトルにした管弦楽作品をつくりました。

ホルスト:組曲「惑星」,交響詩「エグドン・ヒース」ホルスト:組曲「惑星」,交響詩「エグドン・ヒース」
(1994/12/21)
BBC交響楽団

商品詳細を見る

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き。。。
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

ブログ村 バラ園芸
検索フォーム
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zono

Author:zono
園芸店に務めています。
バラと山野草が好きです。

園芸教室もはじめました。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
405位
アクセスランキングを見る>>
Bienvenue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。