スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマスダレ‘Zephyranthus candida’

Category : 草花
タマスダレ

タマスダレです。
今週、花が咲きました。

レインリリーとも呼ばれ、雨が降ったあとによく咲きます。
そういえば、最近、雨がちょいちょい降っていました。

といっても、
レインリリーという
美しい名前は浸透することはないようで
日本では、タマスダレという
フザけた呼び名がしっくりときます。

南京玉簾→こちら 

葉っぱの感じが南京玉簾の棒のところで
白い花が端っこのことろみたいということでついた
呼び名です。

とはいえ、
タマスダレじゃいまいちなのか、
難しげな
ゼフィランサスという
ヒガンバナ科タマスダレ属(Zephyranthes) の総称で
売られていることもあるようです。

そして
このゼフィランサスの仲間には、

  白花    (耐寒性)→ゼフィランサス・カンディダ(タマスダレ)‘Zephyranthus candida’

  ピンクの花(半耐寒性)→ゼフィランサス・カリナタ(サフランモドキ)‘Zephyranthes grandiflora Lindl’
  黄色          →ゼフィランサス・シトリナ‘Zephyranthes citrina’


  赤紫色         →ゼフィランサス・ロゼア‘Zephyranthes rosa’

と他にもあります。

タマスダレ

タマスダレは、
葉は濃緑色で、葱にています。
間違って食べると毒があるので、危険です。
厚生労働省のHPで食べるな危険と警告しています。

背が低く一年中丈夫は緑色の葉がついているので
グランドカバーとして使うこともあります。

道端の草をたべる番組とか時々ありますが
あまり真似しないようにネ、危険がいっぱいです。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

タマスダレ‘玉簾’

ヒガンバナ科タマスダレ属 半耐寒性常緑 球根

別名  :ギョクレン(玉簾)、ゼフィランサス・カンディダ
学名  :Zephyranthus candida
原産  :ペルー
草丈  :15~25cm 
花径  :4~5cm 
開花時期:7~10月
場所   :日当たり~半日陰、やや湿り気のある土
花言葉 :期待、潔白な愛

日本への渡来は、明治初期。

ゼフィランサスとは、
ギリシャ神話の西風の神であるゼピュロス zephyros、
古代ギリシャ語の「花」という意味のアントスanthos
から、つけられています。
 
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

ブログ村 バラ園芸
検索フォーム
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

zono

Author:zono
園芸店に務めています。
バラと山野草が好きです。

園芸教室もはじめました。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
357位
アクセスランキングを見る>>
Bienvenue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。